ブランクがあっても働きやすい診療科は?

ブランクがあると、どの診療科目に再就職しようかと悩みませんか?
病棟がいいものか?それとも外来がいいものか?老健などの施設がいいものか?クリニック?日勤帯だけでもいいのか?夜勤は必須?
まずはそんな疑問から始まり、どの診療科目であればブランクがあっても働きやすいのか?というところにいきつきます。

皮膚科や精神科などは比較的処置が少ないため働きやすい環境であるかもしれません。もしくは回復期リハビリ病棟などもいいかもしれません。
しかし、ブランクがあるからと妥協することなく、働いた経験のないところへチャレンジしてみる人も多いかと思います。処置が少ないところを選んでしまうと、 技術面は向上することはなく低下してしまいますよね。それでもよいからとにかく看護師として働きたいのか、技術が低下するのはイヤなので、慣れるまで業務は大変だけど、 腕が鈍らないようにしたいのかで選択する科目も変わってきます。
考えれば考えるほど難しい選択かもしれません。

ブランクがある・なしに関わらず、自分がどの診療科目で働きたいのかはっきりと目標を定めることも大切です。
もちろんブランクがあると不安はありますね。仕事についていけるか、周りのスタッフに迷惑をかけないかなど不安もありますものね。

インターネットで「看護師 転職」 で検索すると転職支援サイトがたくさんあがってきます。
転職支援サービスに登録しておくと、ブランクOK、未経験可の求人も多数見受けられますので、そういったところですときちんと指導してもらえそうだなという安心感もあります。

看護師は新人だろうが、ブランクがあってもなくても、患者様の立場では皆同じ看護師ですから、自信をもって仕事ができる職場を探すことが一番です。 看護師は看護のスペシャリストです!オールマイティーは困難でも得意分野で活躍する看護師は輝いています。
また看護師として働こうと思ってはいるものの、一歩を踏み出せずに悩んでいる人!
現実は楽しいことばかりではないと知っているからのことでしょうが、看護師の魅力をもう一度考えてみませんか?

 

トップページへ戻る