子育てでブランクが出来た看護師

子育てが一段落したから、また看護師として働きたい!でもブランクが気になって一歩が踏み出せない。技術が衰えてるかな?子供はある程度大きくなったけど、学校行事などで休みが欲しいこともあるし。色んな悩みを抱えたママも多いことでしょう。

急性期では「子供が病気をしたから休みたい」と言うと結構イヤな顔をされませんでしたか?
特に独身のスタッフに。子供がいるママさん看護師にはわかることも、子供がいないスタッフにとっては到底わからないことですから。

突然休みがちという理由から、急性期ではなく慢性期に配属されることも多いと思われます。
とある看護師が回復期病棟に配属されましたが、ママの集まりだそうです。1人急遽休んでもスタッフがマイナスで働く事がない位の人数が確保されていて、ママばかりだから話しも合うし、働きやすい職場であると評価してました。

子育てでブランクがあり、しかも子供は優先させたい。そういった人にとってありがたい配慮のある病院だと思いませんか?こういったところも存在するわけです。忙しくても、人数がマイナスでなければ心にゆとりがありますから、ブランクがある人が入職してきても丁寧に指導してくれそうですよね。
子育ては両親で行うべきことなのに、どうしても母親が中心になってしまい、母親が犠牲にするものが多く、仕事を再開する前にちょっと勉強したいなと思ってもなかなかできない状況ですから、現場でしっかり勉強できる環境というのも大切です。

子育て中のブランクがあっても、すぐに勘が取り戻せて生き生きと働いておられる方もたくさんいます。復帰が早ければいいと思い焦って「どこでもいいから」と決めるのではなく、「子育てで○年ブランクがありますが」という前提で受け入れてくれるところをゆっくりと探し、長く勤められる場所をみつけましょう!急がず、焦らず。ブランクも気にし過ぎると緊張し、うまくいくものもうまくいかなくなりますよ。

 

 

トップページへ戻る